キャッシングについて疑問・質問にお答えします。

 
勤続年数が短んですがそれでもキャッシングを利用することはできますか?

お答えします。勤続年数が短くても、年収が少なくても、消費者金融に申込むことは可能です。そのどちらも審査にはそんなに影響することはありません。ですが、借入希望額には影響してきます。勤続年数が短い方は、今の勤務先がいつまで続くかわからないかもしれないと考えられます。勤続年数が長い方は、これからも同じ職場と考えられますので、信頼度は高いといえます。ですので、長期返済も可能と考えられ、高額ローンも可能になってきます。短い方は返済に数年かかってしまうローンは厳しいと思います。まずは、借入希望額を少額で申込んで、利用していくうちに信頼度を高め、増額できるまでになるのが良いでしょう。

自宅に電話がなくても消費者金融に申込むことは可能ですか?

お答えします。スマートフォン、または携帯をお持ちなら、自宅に固定電話がなくても申込みは可能です。申込みはパソコンかスマートフォンからがオススメです。本人確認のために携帯かスマートフォンに電話をかけることがあります。また、在籍確認のために勤務先に電話連絡をすることがあります。そのふたつが重要なので、同じ理由で自宅に電話をかけることはありません。

クレジットカードを所有していますが消費者金融を申し込むのに影響はありますか?

クレジットカードには通常のお買い物で利用した場合と、キャッシングも出来る機能がついているものもあります。それぞれショッピング枠とキャッシング枠ですが、ショッピングのみですと消費者金融の申込みに影響はありません。ですが、キャッシング枠を利用してお金を借りている場合は影響があります。年収の3分の1までしか借りることができないということが総量規制で決まっています。年収の3分の1の額が新規で借りることができますが、すでに借入れをしている額はそこから差し引かなければならないのです。

キャッシングを申込んだ時、収入証明書は用意しないといけないんでしょうか?

収入証明書類が必要なのは借入希望額が50万円を超える場合になります。その額を超えない場合は提示する必要はありません。また、他社からの借り入れがすでにある場合は、新規申し込みの額を合わせて100万円以内でしたら収入証明書類の提示の必要はありません。

収入証明書が必要になった場合は何を用意すればよいですか?

借入希望額が50万円を超える場合だけでなく、収入証明書類の提出が必要な時はあります。その場合は「源泉徴収票」「確定申告書」「税額通知書」「所得(課税)証明書」「給与明細書」のうちどれか1点を提出する必要があります。それも直近に発行されたもの。そして、申込み本人の名前が入っていることが重要です。また、「源泉徴収票」と「給与明細書」に関しては勤務先名が入っていることが重要です。

勤務先にかかってくるキャッシングの電話確認は契約完了後もかかってきますか?

審査の際に必要な在籍確認の電話連絡は一度だけです。ただし、返済が遅れた場合、勤務先に確認の電話がかかってくることがあります。ですが、返済が遅れたからといってすぐにかかってくるわけではありません。最初に確認の連絡があるのはメールです。続いて本人の携帯電話。この時点でメールや電話の対応がない場合、自宅の電話にかかってくることになります。それでも対応がないと勤務先にかかってきます。そうならないように気をつけましょう。ちなみに、例え、勤務先に返済の確認電話がかかってくる場合も、消費者金融を名乗ってかかってくることはなく、担当者の個人名になります。

はじめてのキャッシングで高額の融資は可能でしょうか?

職種や年収、そして審査の内容によって借入可能額が決まります。借入可能額の範囲以内でしたらいくらでもキャッシングができます。まず総量規制により、年収の3分の1を超える額の借入れはできません。そして、新規のお借入の場合、様子見も含め、まずは少額からの融資というこtになることが多いです。その後何度か借り入れと返済を問題なく続けていけば高額借り入れも可能になりますし、金利も下げてもらえる可能性も出てきます。

無利息期間サービスのある消費者金融はどこがオススメ?

30日間無利息のサービスを行っている大手の消費者金融はアコムとプロミスなどがオススメです。どちらもサービスの内容に大差はありませんので、どちらを選ばれても問題ないでしょう。それぞれにこのサービスを受けられる条件がありますが、どちらも「はじめてのご利用」というのが条件のひとつです。それからアコムとプロミスで少し異なるのは無利息期間のいつから30日間なのか、ということです。アコムの場合は契約完了の次の日から30日間無利息ですが、プロミスの場合は契約完了のタイミングではなく、契約後はじめて借り入れを行った次の日から30日間ということになります。

勤務先にかかってくる電話確認は自宅にもかかってきますか?

職場にかかってくるのは在籍を確かめるための電話確認です。申込みの際に記入した勤務先の情報を確かめるためのものですので、それと同じ理由で自宅への電話確認はありません。また、本人確認のための電話に関しては本人名義の携帯電話にかかってきます。そちらも同じ理由で自宅にかかってくることはありません。

申込む前に分割での金利がどれくらいかかるのか知りたいのですが?

プロミス、またはアコムでは公式ホームページに申込み前に利用できる「返済シミュレーション」があります。こちらを利用すれば、利用の仕方で金利がどう変わってくるかを計算してくれます。借入金額に対して返済回数や返済期間、または月々の返済額で利息がどう変わってくるかを瞬時に計算してくれるのでとても参考になります。