派遣やアルバイトの融資可能額はいくらになるのでしょう?

 

派遣やアルバイトの方がカードローンを申し込もうとする際、審査に通るかどうかも不安ですが、審査に通ったとしても融資可能額がどの程度になるかも大きな関心事でしょう。

 

金融機関はカードローンの審査基準を公開していませんが、銀行カードローンによっては収入に応じた最大融資可能額を公表していることがあります。

 

銀行カードローンのうち、審査基準を公表している場合、たいてい年収の半分程度となっています。ただし、年収が低い場合は消費者金融並みか、それ以下の場合もあります。年収の低い人をあまり歓迎していないのでしょう。

 

消費者金融は、ご存知の通り貸金業法による総量規制があるため、年収の3分の1以上を借りることはできません。他の金融機関の無担保融資との合計なので、収入が少なめである派遣やアルバイトの方は結構融資可能額が少なくなってしまいがちです。

 

では、他に借入がなければ、派遣やアルバイトの人でも、年収の3分の1を融資可能額と考えればいいのでしょうか。

残念ながら、話はそこまで甘くありません。
消費者金融にせよ、銀行にせよ、申込者を職業などによりグルーピングする「属性」があります。派遣やアルバイトの方は収入の確実性がないため、結構低めのランクに留められます。そのため、年収の3分の1は無理だと言われています。

 

ただし、この「属性」を跳ね返すことができるのが信用情報です。
とかく悪く言われがちな信用情報ですが、クレジットカードなどの利用をして、支払を期日通りしている事績が積み上がっていれば信用が上がります。このような場合、融資可能額を正社員の方同様にしてくれるケースが少なからずあります。

 

信用情報には、毎月の利用や支払状況が2年間登録されています。この実績が良ければ高額の融資可能額を狙うことができます。