無職でもキャッシング、カードローンってできるの?

 
無職の方がキャッシングやローンを利用する事はできないと言われています。

専業主婦の方であれは、みずほ銀行カードローンのように可能な場合がありますが、そうでない場合には収入がない人に対してキャッシングやローンを利用させる金融機関はありません。

 

キャッシングもカードローンも無担保融資です。

無担保融資と言うのは、サラリーマンの方などのように、定期的な収入があるから、返済が可能だと判断をして融資をすることを言います。

 

担保を取っていない以上、いざという際に貸金回収をすることが難しいです。そして収入だけが返済原資となりますから、無収入の人は返済能力がないと判断されるのです。

 

これではお金を貸すことができないことはすぐにお判りでしょう。

ただし、無職とはいえ、全く無収入の人ばかりではないはずです。一時的にパートやアルバイトをしている人もいるでしょう。派遣会社などに登録をしている人もいるでしょうし、全くの無収入では生活ができないはずです。

 

そのような人は、キャッシングやローンの申込をする際、その金額を記入することで審査を受けることができます。フルタイムで働いていないとしても、キャッシングやカードローンの申込ができないというわけではありません。

 

また、自営業をしている人であれば収入があります。その収入も消費者金融や銀行が審査をする際に収入として評価してくれます。自営業の方の中には、アルバイトをしている人もいるでしょうから、それも収入に含まれます。

 

審査結果がどうなるかは別として、収入がある人であれば無職の方であってもキャッシングやカードローンを申し込むことが全くできないという事はありません。

 

ただし、専業主婦の方は別として、親などに生活を頼っている無収入の方がキャッシングやカードローンの申込をすることはできません。